共働き夫婦の節約家計簿~ゆったりまったり年間貯金100万円を目指します!

【家計簿・家計管理】共働き夫婦の生活費の分担、どうしている?家計簿を公開し、私が気付いた節約ネタ・我家の家計状況をせきららに書いています。共働き夫婦がゆったりまったり年間貯金100万円を目指します!

タグ:配偶者控除

おはようございます。

日本国内の共働き世帯の割合は59%なんですって!!(2012年総務省労働力調査。夫婦のいる世帯に占める比率※農林業を除く)
なんとその数半数以上じゃないですか!!!
さらに共働き人口は毎年増え続けており、専業主婦家庭とは違う生活を送り、価値観も様々となっているみたい。

ちなみに株式会社マクロミルの全国20~49歳の12歳以下のお子様をお持ちの既婚男女を対象に「共働き子育て世帯の本音と実態意識調査」によると男性の満足度が高いのが、「互いに扶養に入らない共働き世帯(子どもが入園前)の夫」だそうで“日本で最もハッピーな夫”なんですって。

子どももできて、職場復帰して世帯収入をキープしてくれる妻に感謝していることが高い満足度につながっているようです。

私も日本で最もハッピーな夫になりたいです
 

ちなみに女性の満足度が高いのが、「互いに扶養に入らない共働き世帯(子どもが入園前)の妻」だそうで。つかの間の育休!!!ここが幸せなひとときだそうです。
子供ができたから仕事を辞めるのはもったいないかもしれませんね!!
ここがリサーチによると幸せなゾーンなのですから

私の妻も日本で最もハッピーな妻になって欲しいです

ちなみに「夫の扶養に入って働く共働き世帯(子どもが保育園・幼稚園)の妻」の満足度が全体最下位らしいです。どうも夫の扶養に入っているので家事育児はほとんど妻が担っており。仕事と家事の両立という意味では、扶養に入らぬ共働き妻と同様のつらさを抱えているそうです。。

まぁ確かにやっても評価されなければつらいかもしれません。。。
私の友人も似たようなこと言ってますし、パートなんだから家の事全てして当然だろう的な事を聞くのも珍しくありません

満足度なんて人それぞれで一概にどうというのもおかしな話ですが、こういうリサーチ結果があるというのもまた事実です。

そして、共働き世帯の割合が59%という過半数を超えている状況ですと、今話題の配偶者控除の廃止も現実味が帯びてきています。そうなるとますます満足度が変わるかもしれません。

まぁ現状共働き夫婦の皆さん!

しばらくは苦しいかもしれませんが、今後の事を考えて共働きを頑張りましょう


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

こんばんは

政府は、夫婦のうち1人が働く世帯の税負担を軽くする「配偶者控除」を見直す検討に入ったみたいです。「夫が働き、妻は専業主婦」という家庭像を前提にした税制を改め、女性の社会進出を促すねらいだ。年末の2015年度税制改正に向けて議論ですって。

国際的にも日本は女性の社会進出が進んでいないとみなされており、プレッシャーをかけられているようです。

財政的にも、国民年金や数々の税控除などの特権も減ることはあっても増えることはないでしょう。

今すぐにというのはならないかもしれませんが、段階的には必ずなっていくと思います。

今後、専業主婦は海外の先進国のようによほどの富裕層でなければ難しくなっていくのではないでしょうか

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ